穂高岳山荘

MENU

登山道状況 / INFORMATION

概況

2022/11
2
現在

11/1に降雪があり、山荘前で約30㎝、吹き溜まりはより多くの積雪があります。

雪表面はクラストしており歩きづらい状況です。

前爪のあるアイゼンのほうが好ましいです

出発前に最新の気象情報と登山道の状況を必ずご確認ください。

最近の気候

最低気温

-8℃~2℃

最高気温

₋1℃~8℃

各登山道状況

積雪あり。深いところで膝上となります

凍結・落石・浮石に注意してください。

 

2022‐11₋02

積雪あり・凍結箇所あり

凍結・浮石・落石に十分注意してください。

2022₋11₋02

積雪あり

凍結・落石・浮石に注意してください

一昨年の地震の影響により以前の登山道は崩壊した為、梯子や鎖場を設置・補修を行いました。

特に重太郎橋~鉱石沢間は岩場のトラバースとなり、落石も多く、十分注意が必要です。

荷継沢より上部は登山道が不明瞭で浮石が非常に多くなっています。

なお、通行可能にはなりましたが、バリエーションルートという認識が必要で、

ヘルメット着用を推奨、ビギナーの方はお勧めいたしません。

白出沢ルート状況

 

2022₋11₋02

積雪あり

岩場の稜線が続きます。凍結・落石・浮石に十分注意してください。

初心者の方にこのルートはおすすめ致しません。

 

 

 

2022₋11₋02

積雪あり

悪天候時は稜線上で風雨・風雪にさらされる為、慎重にお願い致します

凍結・浮石・落石に注意してください。

2022₋11₋02

積雪あり

凍結・浮石・落石に注意してください

厳しく長い稜線歩きの為、エキスパートの方のみ。

荒天時にエスケープできるルートもなく、十分な体力と知識・経験が必要となりますので

余裕をもった計画を立ててください

(この時期は日没時間も早く夏よりリスクが高まります)

 

2022₋11₋02

注意事項

●街では暑い日もありますが、標高3000mの山は気候が異なります。これを前提とした登山計画をしてください。時期によって、雪崩や落石、強風や吹雪での行動不能、転滑落による致命傷のリスク等があります。行動可否そのもの(状況によるリスク=危険度の違い)やルート選択を自己判断できない場合は、あなたにとって危険すぎます。登ってくることができても、翌朝には暴風雨等で出発できないケースもあります。登山計画をもう一度見直し、エスケーププランを設定し、登山開始後でも少しでもまずいと思ったら、撤退判断をできるようにしましょう。

●遅い到着、特にはじめからそのような計画では危険です。昼過ぎから15時ごろまでに到着できる計画にしてください。その結果、何かトラブルがあっても、17時ごろまでに到着できます。早い出発、早い到着により、トラブルを避けやすくなり、さらにトラブル時のリスク(夕方になり救難ヘリを呼べないなど)が下がります。