穂高岳山荘ようこそ、信じられない世界へ。 穂高岳山荘についてお問い合わせ
このサイトについて

写真展「穂高飛翔」開催のお知らせ


 内田修写真展『穂高飛翔』が2011年7月18日から9月30日まで、穂高岳山荘(ホール、他)にて開催されます。

写真展『穂高飛翔』は、2008年の穂高岳山荘85周年記念出版『天空の輝き』、2009年のB&W写真展『天空の記憶』、昨年の写真展『天空相貌』に続く、好評内田修作品『天空シリーズ』の第四弾です。

 今回の写真展『穂高飛翔』は、まさしく天空から穂高連峰を撮らえたカラー作品です。

 長い間穂高を撮り続ける内田修ですが、山岳での撮影はポジションが限定され、もう少し向こうから撮影したいと思ってもそこは断崖絶壁、なかなか理想のポジションから撮影できない……そんな時、傍らの岩稜を自由に飛び交うイワヒバリを見て彼は思いました。
“俺もあんな翼がほしい”
 そして、ヘリコプターという『翼』を得て空撮を始めたのでした。

いざ大空へ飛び立つと、穂高の眺めは地上からのそれとは大違い。わずかにヘリが移動しただけで穂高の山容は大きく変わり、そこには小宇宙ともいえる別世界の穂高が展開してゆく。その感動から、『空撮の穂高』という内田修の新たなライフワークが生まれました。

写真展では天空から撮らえた選りすぐりの23作品を展示、未知なる穂高との遭遇をお待ちしています。

今年も穂高岳山荘で、もうひとつの信じられない世界をお楽しみください。



内田修写真展 『穂高飛翔』

■ 開催期間:2011年7月18日〜9月30日
■ 穂高岳山荘(ホール、他)にて




内田修(うちだ おさむ)

山岳/スポーツカメラマン。1953年埼玉県熊谷市生まれ。
1974年より、山岳写真の一時代を築いた写真家の一人である山本和雄(故人)に師事。
師と同じく、穂高を中心的な撮影活動の場とし、各方面で活躍。
空気感・透明感のある作品を特徴とする。


 


ページをシェア:



穂高岳山荘関連情報へ
トップページへ