穂高岳山荘ようこそ、信じられない世界へ。 穂高岳山荘についてお問い合わせ
アクセス

交通アクセス

穂高連峰への登山口は、上高地(長野県)と新穂高(岐阜県)にあります。
上高地にはマイカー規制がありますので、ご注意ください。






アクセス:上高地へのアクセス


電車:東京、大阪、名古屋→JR松本駅、JR高山駅→上高地

電車の場合、JR松本駅から新島々経由バス乗り換え、またはJR松本駅・JR高山駅からバス乗り換えとなります。

JR松本駅へは、
  <東京から>特急あずさ/スーパーあずさ(JR新宿駅発)終点
         または 長野新幹線(JR上野駅発)〜JR長野駅で特急しなの 乗換
  <大阪/名古屋から>特急しなの
のご利用が便利です。

JR高山駅へは、JR名古屋駅より特急ひだ 乗換(一部列車は大阪発着あり) が便利です。

上高地周辺の電車・バスについては

 アルピコグループWebサイト様内・アクセス信州

をご覧いただくと便利です。



お車:東京、大阪、名古屋…→沢渡駐車場、平湯駐車場→上高地

上高地にはマイカー規制があり、釜トンネルより先はマイカーは通行できません。
お車の場合、長野側の沢渡駐車場、または岐阜県側の平湯駐車場にて、バスまたはタクシーにお乗り換えください。
上高地周辺のバス・タクシーについては

 アルピコグループWebサイト様内・アクセス信州

をご覧いただくと便利です。



直行バス:東京、大阪、名古屋、長野→上高地

直行バスですと、上高地バスターミナルまで乗り換え無しでお越しいただけます。
直行バスについては

 (1)東京・大阪・京都方面から=毎日新聞旅行Webサイト様内・毎日あるペん号のご案内
 (2)東京・大阪・名古屋・長野方面から=アルピコグループWebサイト様内・アクセス信州

をご覧いただくと便利です。


上高地へのアクセスの詳細は、上高地公式Webサイト様をご覧ください。

上高地公式Web site (サイト内「上高地へのアクセス」)




新穂高へのアクセス

各方面より、自家用車・電車・直行バスにてお越しください。
高山・飛騨神岡・平湯経由もしくは直通となります。



電車:東京、大阪、名古屋→JR松本駅、JR高山駅→新穂高

電車の場合、JR高山駅からバス乗り換え(新穂高直通または平湯乗り換え)となります。またはJR松本駅からのバス乗り換えも可能です。
高山・平湯・新穂高周辺バス・タクシーについては

 濃飛バスWebサイト様

をご覧いただくと便利です。



お車:東京、大阪、名古屋…→新穂高
新穂高周辺の駐車場については

 岐阜県北アルプス山岳遭難対策協議会 新穂高駐車場案内

 高山市観光情報-北アルプス 新穂高駐車場MAP(PDF)

をご覧いただくと便利です。

連休等の混雑日には駐車場が満車となります。違法駐車によるバス等運行への支障があり、摘発が厳格化されました。三連休などの混雑予想日には、公共交通機関のご利用をご検討ください。



直行バス:東京、大阪、名古屋、富山→新穂高

新穂高への東京方面からの直行バスについては、

 毎日新聞旅行Webサイト様内・毎日あるペん号のご案内

をご覧いただくと便利です。

また、高山・平湯への高速バス(新穂高行きへ乗り換え)は

 濃飛バスWebサイト様

をご覧いただくと便利です。



新穂高へのアクセスの詳細は、新穂高温泉観光協会公式Webサイト様をご覧ください。

新穂高温泉観光協会 (サイト内「新穂高温泉へのアクセス」)





登山のご案内 <主要登山ルートのご紹介>

注意(免責事項):このページの情報のみでの登山はできません。必ず、正確な地図をご持参ください。
         コースタイムはあくまでも目安です。また、休憩時間は含まれていません。
         穂高岳登山の日程・ルート設定について


  上高地(かみこうち)から横尾(よこお)、涸沢(からさわ)を経由する、最も一般的なルートです。
  途中の各所に山小屋がありますので、体力に応じて日程を組むことが出来ます。

  ザイテングラートの登りは、岩稜帯に不慣れな方だときつく感じるかもしれません。
  途中で1泊するのが一般的です。→穂高岳登山の日程・ルート設定について



■涸沢〜ザイテングラート〜穂高岳山荘の登山道紹介

sound on     


*サブルートのご紹介サブルート:パノラマコース 横尾手前の新村橋より屏風のコルを経由し、涸沢ヒュッテからザイテングラート下まで左巻きをすすむコース。 パノラマコースは、夏期に入っても多量の残雪がある場合があります。   当山荘もしくは涸沢ヒュッテ様・涸沢小屋様へお問い合わせください。



2.新穂高温泉から白出沢コース(健脚者向き)

  途中に小屋はなく、また登りでは沢筋で迷いやすい箇所があるため、ルート経験者との同行をおすすめします。
  新穂高温泉(岐阜県側)を登山口とし、上高地からのルートとはひと味違った山行が楽しめます。

  年によって残雪等のルート状況が大きく変わります。
  8月に入っても残雪がありアイゼンが必要な場合があります。登山情報のページを参考にしてください。




3.岳沢から重太郎新道を経て前穂高岳方面から縦走      

  岳沢(だけさわ)から「重太郎新道(じゅうたろうしんどう)」を通り、
  紀美子平(きみこだいら)・前穂高岳を経て奥穂高岳へ向かうルートです。
  ダイナミックな稜線を歩き、二つの穂高の頂を踏むことが出来ます。

  前穂高岳と奥穂高岳の間は吊尾根(つりおね)と呼ばれています。岩場が続くので転落事故に注意してください。
  また、岳沢・重太郎新道の長く続く登り(下り)では、とくに天候の悪いときには注意を払ってください。
  2010年度より、岳沢小屋が新設され、営業しています。



  いわゆる「槍穂高縦走」。
  槍ヶ岳から大キレットを超え、奥穂高岳まで縦走するルートです。
  基本的には3泊以上必要なルートです、体力と日程には十分な余裕を!
  高度感があり、気の抜けない岩場がずっと続きます。転滑落に注意。難所を越してほっとした際、事故が多く起こります。

  大キレットは蝶・常念方面から見るとおり、かなりの高低差のある岩場縦走です。
  そして北穂高岳の切れ落ちた滝谷はアルピニストなら一度見てみたいもの。
  また、大キレットよりも、北穂〜涸沢岳間の方が難しい岩場だった、という声もたまに聞かれます。

  このルート上は、適度な間隔で小屋がありますので、柔軟な宿泊計画ができます。

  逆ルートでももちろん可能ですが、コースタイムやルートの上り下りによる難易度が変わってきますので、
  地図等でよくご確認ください。   


*サブルートのご紹介

  いずれも稜線上は高度感があり、岩稜帯の迫力十分です。天候等によるルート状況を判断できることが必要です。


  長く険しく、適切な現場判断が必要とされる、厳しいルートです。
  地図上では一般登山道とはされていません。
  エキスパートの方のみご計画ください。
  体力、判断力、岩稜歩行技術などが求められます。ロープを使用し、確保しながら歩く方が多いです。

  西穂山荘〜穂高岳山荘間には、小屋はありません。
  また、エスケープルートは天狗のコルからの下りのみです(通常の登山道ではないので手入れされておらず、道は荒れています/遅い時期まで残雪がある場合があります)。

  最近はとくに事故が多く、また救助も困難な箇所が多いです。

  逆ルートではコースタイムやルートの上り下りによる難易度が変わってきますので、
  地図等でよくご確認ください。

  いつかはジャンダルムを超えて…。穂高岳山荘のロビーではそんな会話がちらほら聞こえてきます。




なお、登山ルートに関する詳細は、かならず地図およびガイドブックをご覧ください。

 

ページをシェア:


トップページへ