穂高岳山荘ようこそ、信じられない世界へ。 穂高岳山荘についてお問い合わせ
このサイトについて

このサイトについて

有限会社穂高岳山荘(以下「穂高岳山荘」といいます。)またはその代理人が管理・運営するウェブサイト(以下「当ウェブサイト」といいます。)のご利用規約やご利用にあたっての推奨環境をご案内します。


■ご利用規約
当ウェブサイトの利用にあたっては、事前に以下のご利用規約をお読みいただき、同意された場合にのみご利用ください。
また、穂高岳山荘は予告なしに本規約を変更することがありますので、最新の内容をご確認ください。

(1)免責事項について
穂高岳山荘は、細心の注意を払って、当ウェブサイトに情報を掲載しておりますが、この情報の正確性及び完全性を保証するものではありません。
穂高岳山荘は予告なしに、当ウェブサイトに掲載されている情報を変更することがあります。お客様がこの情報を利用されたこと、もしくは何らかの原因により利用することができなかったことによって生じるいかなる損害についても、穂高岳山荘は何ら責任を負うものではありません。
また、穂高岳山荘は、当ウェブサイトのご利用によって生じたソフトウェア、ハードウェア上のトラブルやその他の損害について責任を負うものではありません。
なお、穂高岳山荘は、予告なしに当ウェブサイトの運営を中断または中止することがありますので、あらかじめご了承ください。

(2)著作権について
当ウェブサイトに掲載されている情報などに関する著作権およびその他の権利は、穂高岳山荘または穂高岳山荘に対して使用を認めた権利者に帰属します。これらの著作権は、各国の著作権法、各種条約、その他の法律で保護されており、私的利用など法律によって認められる範囲を超えて、当ウェブサイトに掲載されている内容を使用(複製、改ざん、頒布などを含む。)することはできません。
また、穂高岳山荘からお客様にお送りした電子メールの内容に関する著作権は全て穂高岳山荘に帰属しており、穂高岳山荘に無断で転用・転載することはできません。
当ウェブサイト上で使用されるトレードマークやサービスマークなどの商標は、穂高岳山荘または穂高岳山荘に対して使用を認めた権利者に帰属します。これらを無断で使用することはできません。

(3)当ウェブサイト以外のウェブ上における公式アカウントについて
ウェブ上におけるサービスを利用して、穂高岳山荘またはその代理人が管理するアカウント(以下「当山荘公式アカウント」といいます。)について、当ウェブサイトと同様に、上記「免責事項について」「著作権について」の規約を適用します。その場合、「当ウェブサイト」を「当山荘公式アカウント」と読み替えてください。

(4)リンクサイトについて
当ウェブサイトから、または当ウェブサイトにリンクを張っている当ウェブサイト以外のウェブサイト(以下「リンクサイト」といいます。)は、それぞれのリンクサイトの運営者の責任において管理されており、お客様がこれらのリンクサイトをご利用される際は、それぞれのリンクサイトの利用規約等に従ってください。なお、穂高岳山荘は、リンクサイトの内容について、またこれらの利用により生じた一切の損害について責任を負いません。

(5)その他
当ウェブサイトでは、お客様からご提供いただいた個人情報を尊重し、個人情報の保護に努めております。
当ウェブサイトならびに利用条件の解釈および運用は日本法に準拠します。

■ご利用環境
当ウェブサイトのご利用にあたっては、以下の環境を推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境下でもお客様のブラウザの設定によっては、ご利用できないもしくは正しく表示されない場合がございます。また、一部のソフトウェアをインストールしている場合、正しく動作しない場合がございます。ご了承ください。

・推奨ブラウザ
Internet Explorer 9以降、Firefox 最新版、Google Chrome 最新版、safari 最新版
・推奨画面サイズ
1024ピクセル×768ピクセル(XGA)以上

当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しているページがございます。お使いのブラウザでJavaScript機能を無効にされている場合、正しく機能しない、もしくは正しく表示されないことがあります。ご覧になる際にはブラウザ設定でJavaScriptを有効にしてください。

当ウェブサイトでは、一部のページでCSS(Cascading Style Sheets)の技術を使用してページの構築を行っています。ページを正しく表示するために、CSSを有効にしてご利用ください。

当ウェブサイトは、さまざまな技術的環境や身体的特徴をお持ちの方を含めて、より多くの方に快適にご利用いただけるよう、W3Cなどが提唱するWeb標準技術を採用してアクセシビリティに配慮したウェブサイトの制作を目指しています。


[更新:2010.5.19]

このページの先頭へ戻る
トップページへ